タイ語の4つの【声調と声調符号】について学んでいこう

タイ語の声調

สวัสดี(サワディー)こんにちわ!

タイ語って難しいですよね?( ノД`)シクシク…

・タイ文字には《子音・母音・末子音・声調》とあり今回は、その中の声調を勉強していきましょう。

ロア
ロア

声調には5つの音があるんだぜ!

 

タイ文字には母音・子音の他に【5つの声調】で言葉を構成でできています

言い方次第では、全く違う意味になってしまうのでしっかり発音を勉強をしていきましょう

5つの声調

タイ語には5つの声調というものがあります。

日本語や英語にはない物でタイ語には声調というものがあります。

タイ語では、同じ言葉でも発音次第でまったく意味が変わってくるので声調を学ぶ必要があります

5つの声調

 

🔲5つの声調の音の出し方

  • 平音・・棒読み
  • 低声・・低い声で平らに
  • 下声・・高い音から落とす
  • 高声・・高い男音から更に上げる
  • 上声・・低い音から更に上げる

 

ロア
ロア

おお!こんなにも発音があるのか?

 

つまり、日本語や英語では「○○でしょう?」などと音をあげて聞きますが、タイ語でこれは意味を変える事になるって事なんです。

では実際に詳しく学んでいきましょう!

実際の5つの発音と声調で意味が変わる

では実際にタイ語の5つの発音を聞いた方がいいと思上ので、個人的におすすめの動画を紹介します。

日本とタイを紹介するタイyoutuberのbeam先生の動画でタイ語の声調の動画あったので載せておきます

 

そうなんです!タイ語の醍醐味が発音なんですね?

 

例えば動画でもあったように・・

【maa】と言葉があります。

このmaaでも3つの声調で意味が異なります。

maa (มา)来る・・平音でそのまま

mǎa(หมา)犬・・下から高い位置にあげる感じで 

máa(ม้า)馬・・高いところからさらに高く

つまり犬の事を言いたいのに馬と言っていたりしていまいます。

ロア
ロア

俺は、馬じゃねー555

 

長文だと発音が間違っていてもなんとなくなく解釈してくれますが、短文だと思いっきり勘違いをします。

ここでいう発音は日本語で言うと「雨・飴」「雲・蜘蛛」とのような感じです。

タイ文字の声調符号

では声調を文字にします。

タイ文字の声調符号は4種類です。

【   ่     ้     ๊     ๋ このようになります。

声調符号 呼び名 声調
なし なし 平声(なし)
  ่   マイエーク 低声(\)
  ้   マイト― 下声(∧)
  ๊   マイトリー 高声(/)
  ๋  マイジャッタワー 上声(∨)

 

この声調記号を更に文字につけていく感じになります。

 

終わり

タイ文字のミソは発音と言われています。

しっかりこの5つの声調は抑えておきましょう!

Return◀超簡単!タイ文字の基本『子音』を覚えよう!

NEXT▶

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です